ようこそ、「ゴルフスイングの練習法」へ

このサイトではゴルフ初心者でもわかりやすいように、ゴルフスイングの練習方法やゴルフ理論についてまとめてみました。
ゴルフの楽しさを一日も早く実感して、皆さんでスポーツをエンジョイしてください。

ゴルフの練習では1球ごとに1回素振り

ゴルファーにとって、一番上達効果が高いものは「練習」です。少しがっかりしましたか。覚え始めたばかりのゴルフ初心者には、ボールを数多く打つことがベストなのはもちろんのことです。ボールを打ったときの感触を皮膚感覚としてマスターすることが重要で、素振りの練習も交互に行えば、スイングするのに必要な体力がさらに身につきやすくなります。

ゴルフのレベルアップをはかるためには

ゴルフのレベルアップをはかるためには単純に時間をかけることではなく、どれほど多くスイングしたか、どれだけほど多くボールを打ったかが、ひとつのカギになります。練習嫌いでボールを積極的に打つトレーニング機会が少なければ、どんなにゴルフ経験が長いゴルファーでも、初心者でも熱心なゴルファーにすぐに追いつかれて、あっという間に引き離されてしまいます。それほど練習は大切なもので、これは他のスポーツでも同じことでしょう。ゴルフでは、「トラック1台分のボールを打てば必ず上手くなる」と言う言葉がありますが、それは闇雲に打ち続けるだけの脳の無い練習では効果が薄くなります。

ヒットする感覚とスイングバランス

そこで、ボールを打った際に感じる手のひらで受ける感触と、フィニッシュまでのクラブの振り抜きの感覚を大事にしましょう。インパクトの打感をチェックすることはもちろん大切ですが、さらにフィニッシュまでしっかりと振り抜くことを心がければ、ゴルフ上達のスピードは確実にアップします。定期的にトレーニングを積むことはもちろんのこと、ボールを1球打つ度に1回素振りを実行するように心がけると1球ごとに2度スイングすることになって、練習の効率がアップします。ボールをヒットする感覚とスイングバランスを調整することが、練習の本当の目的だと思いましょう。